toggle
2018-01-15

COFFEELABのオニバスビーンズ缶


coffeelabのオニバスビーンズ缶バレンタイン

COFFEE LAB / コーヒーラボ×オニバスコーヒー

コーヒー豆を産地から厳選し、焙煎方法や淹れ方までこだわり抜いた一杯を提供する。そんなスタイルを貫くサードウェーブコーヒーと、モロゾフのチョコレートが融合したチョコレートブランド“ COFFEE LAB / コーヒーラボ ”と2012年に世田谷の奥沢にオープンした、坂尾篤史氏がオーナーバリスタを勤めるコーヒーショップ「オニバスコーヒー」がコラボした誕生したチョコレート。

コーヒー豆とチョコレートの絶妙な相性にこだわったビーンズチョコレート。ケニア、グアテマラ、ルワンダの3種のコーヒー豆を、それぞれに合う2種類のチョコレートでコーティングしてあります。3種の異なる素敵な缶に入ってます。

coffeelabのオニバスビーンズ缶バレンタイン

缶はそれぞれ11.5cm×7.2cm×深さ2.5cmの缶入り。赤い缶には、「グアマテラ」の文字。オニバスコーヒーセレクトのグアマテラ産コーヒー豆を相性の良い2種類のチョコレートでコーティングしたもの。

coffeelabのオニバスビーンズ缶バレンタイン

グアマテラ産コーヒー豆

チョコレートとの組み合わせが良い。ナッツやオレンジを思わせるコクと香りが印象的。

コーヒー豆を食べて味わう機会なんてそんなにないので、違いがよく分からなかったのですが、産地によって違うのは分かりました。苦みだけでなく、コーヒーのコクと芳醇な香りが口に広がってパリパリとした食感も良いです。

coffeelabのオニバスビーンズ缶バレンタイン

黄色い缶には、ルワンダの文字。こちらもオニバスコーヒーセレクトのルワンダ産コーヒー豆を相性の良い2種類のチョコレートでコーティングしてあります。

coffeelabのオニバスビーンズ缶バレンタイン

ケニア産コーヒー豆の特徴

フローラルで華やかな風味が印象的。後味が優しく、飲みやすい特色をもつ。

ビターとミルクの2種類のチョコでコーティングされてます。噛むほどにコーヒー豆の苦みは感じますが、マイルドな印象で、優しい味わい。

coffeelabのオニバスビーンズ缶バレンタイン

青い缶は、ケニア。こちらもオニバスコーヒーセレクトのケニア産のコーヒー豆を相性の良いチョコレートでコーティングしてあります。

coffeelabのオニバスビーンズ缶バレンタイン

ケニア産のコーヒー豆の特徴

甘さを伴った複雑な酸味が印象的。レモンやグレープフルーツなどのシトラス系の風味。

こちらもビターとミルクのチョコレートでコーティング。一番酸味を感じるコーヒー豆。産地によって豆の味わいも違ってくるのがおもしロイですよね。可愛い缶は、友チョコにもおすすめ。コーヒー好きな方に送るのもよし。暖かいコーヒーといただきたいチョコレートです。

 

価格:1缶864円(税込み)、3缶2592円

お取り寄せはこちらから

高島屋オンラインストア(コーヒーラボ)(送料が324円とお得です。)

モロゾフ

 


関連記事