toggle
2012-07-08

紫野和久傳の笹ほたる


和久傳の笹ほたる和久傳の笹ほたる

以前に紫野和久傳の西湖を食べて「なんておいしい和菓子」と感動しました。和久傳さんには季節限定のお菓子もたくさんあって一度食べてみたいとずっと思っていました。今回は西湖、希水、笹ほたるの3点を取り寄せてみました。笹ほたるは和久傳さんで季節と共に色々な表情を見せるほのかなあかりに思いを寄せて作られる生菓子シリーズのひとつ。

春は「夜さくら」、夏は「笹ほたる」、秋は「月あかり」、冬は「まどの雪」というほのかな明かりをテーマにした生菓子が登場するんです。笹ほたるはそのひとつ。4月末から8月末までの期間限定で販売されています。夏のゆうべの笹に集う野辺のほたる狩りに見立てた羊羹。備中白小豆の抹茶あんの深い味わいと瑠璃色の薫り高いほうじ茶の寒天との取り合わせが美しい一品。

和久傳の笹ほたる和久傳の笹ほたる

箱は小さ目で14cm×8.3cm×高さ5cmのお箱。切り分けるととっても美しい深いグリーンの中に瑠璃色の丸い光が透き通っていてなんともいえず上品で、美しい和菓子。蛍の光がなんともいえず涼しげでキレイです。食べてみるととっても上品な甘さ。なめらかなのど越し。冷たくてとっても美味しい。

抹茶の水羊羹の中に入ったほうじ茶の寒天が香り高くて口の中でちゃんとほうじ茶が広がります。甘すぎないのでついつい食べ過ぎてしまうほど美味しかったです。羊羹と寒天の食感の違いも楽しい。見た目も美しく、これをもらったら嬉しいなぁ。お口の肥えた方に差し上げてもとっても喜んでもらえそうです。

和久傳の笹ほたる

抹茶とほうじ茶の組み合わせがお薄とお菓子一緒になったようだと言われる方もいるそうですよ。四季のあかりシリーズも是非とも食べてみたいです。

価格:2160円

お取り寄せはこちらから

紫野和久傳
京都本店・・京都市北区紫野大徳寺南門東入ル
送料:北海道 1,470円、北東北1,050円、南東北 945円、関東・信越 735円、北陸・中部・関西・中国
630円、京都府 578円、四国・九州 840円、沖縄 1,260円(クール便追加210円あり)
支払方法:クレジットカード、代金引換

高島屋オンラインストア
検索枠「和久傳」で検索すると早く見つかります
送料
送料無料
支払方法:クレジットカード コンビニエンスストア ペイジー ネット銀行

・伊勢丹オンラインストア FOODS
「和久傳」で検索。お歳暮カテゴリにも商品あり。
送料:全国一律324円
支払方法:クレジット決済、コンビニ決済、ネットバンキング、ペイジーネット銀行、代金引換


関連記事