toggle
2019-02-05

Madame Delluc(マダムドリュック)のロジーン


Madame Delluc(マダムドリュック)のロジーン

ベルギー王室御用達ブランド

マダムドリュックは、ベルギー・ブリュッセルにて「マリーMary」という名前で1919年創業。1942年にチョコレートとしては初めて王室御用達の称号を得ます。創業当時のベルギー国王レオポルド三世から今日の国王までずっと王室御用達という実力派のショコラトリーです。

日本にはすでに「Mary」という名前のお店があったため、日本で販売するときはマダムドリュックという名前で販売されています。マダム・ドリュック(マリー・ドリュック夫人)は最初にこのチョコレートを作った人の名前なんだそうですよ。

Madame Delluc(マダムドリュック)のロジーン

とっても可憐なデザインのボックス入り。4個入りの箱なので、大きさは約10cm×8cm×深さ3.3cm。

2019年2月9日京都祇園にマダムドリュックが日本初出店します。ベルギーでしか食べられなかったマダムドリュックのチョコが日本で手に入るのはとってもうれしい。

マダムドリュック京都祇園店

京都府京都市東山区上弁天町435-1

http://madamedelluc.jp/

Madame Delluc(マダムドリュック)のロジーン

中にはプラリネチョコレートが4個。

ベルギーのお菓子いろいろ

Madame Delluc(マダムドリュック)のロジーン
女性の絵柄のチョコはとってもビター。中のプラリネもビターです。ホワイトチョコは、中にジャンドゥヤクリームが入っていて、マイルドながらヘーゼルナッツの香ばしい味わい。ハートのチョコは中のクリームの中にお米のパフみたいなのが入っててパリパリと良い音を立てます。丸いチョコは、キャラメルチョコが入ってます。

賞味期限:3か月くらい先のものが届きました。
保存方法:常温で保存
価格:4個入り2,160円(税込み)

お取り寄せはこちらから

関連記事