toggle
2022-01-12

THEO&PHILOのタブレットチョコレート


THEO&PHILOのタブレットチョコレート

THEO&PHILOのタブレットチョコレート

テオアンドフィロ・アルチザンチョコレートは、2010年開業した、フィリピン初のBEAN TO BAR(ビーントゥバー)ブランド。エキゾチックなパッケージに惹かれて取り寄せました。自国で収穫された原材料だけでチョコレートを作られています。

チョコレートに関わる、カカオ豆(BEAN)からチョコレートバー(BAR)になるまでの全工程(選別・焙煎・摩砕・調合・成形)を自分たちのファクトリーで一貫管理して生産されています。

THEO&PHILOのタブレットチョコレート

タブレットチョコレート5枚入り。それぞれ異なる味わいのチョコレートが入ってます。

THEO&PHILOのタブレットチョコレート

価格 4,590円
内容量 5枚入り
箱サイズ おおよそ23cm×14cm×4.3cm
原産国 フィリピン
賞味期限 製造日より360日~540日

THEO&PHILOのタブレットチョコレート

MILK CHOCOLATETURON

ツーロンはフィリピンで人気の屋台料理のひとつで、サババナナというフィリピンバナナに黒糖をまぶして揚げる春巻き。そのツーロンをイメージした、ドライバナナとゴマとクリスピーキャラメルのフィリピンらしい組み合わせのミルクチョコレートです。

マイルドなミルクチョコレートに塩っ気のあるキャラメル、プチプチした食感があります。

THEO&PHILOのタブレットチョコレート

ARTISAN CHOCOLATE44% MILK

ダバオ産の厳選したカカオ豆とバコロド産の砂糖を使用。一般的なミルクチョコレートよりカカオを多く含んでいるため「ダークミルクチョコレート」と呼ばれることもあるほど、濃厚でクリーミーなカカオ分44%のミルクチョコレート。テオアンドフィロで人気の一枚です。

とってもマイルドでミルキーな食べやすいチョコレート。

THEO&PHILOのタブレットチョコレート

60% DARK CHOCOLATEGINGER & MINT

砂糖漬けした生姜にミントを合わせた、爽やかでほろ苦いダークチョコレート。ピリリとアクセントの効いたキャンディージンジャーのシャリシャリ食感に、ミントの後味が重なる組み合わせが絶妙なカカオ分60%のダークチョコレート。乳製品不使用。

香りがまずミント。口に入れてもすっとするミントの味わい。ビターで甘さはすっきり。ジンジャーの辛みとミントの爽やかなチョコレート。

THEO&PHILOのタブレットチョコレート

65%DARK CHOCOLATE WITH LABUYO

甘さの後に追いかけて来るラブヨチリの辛み。ラブヨは日本でいう島とうがらしのようなもの。スパイシーでピリリと刺激的なダークチョコレートです。中にシリンラブヨというチリ入り。とっても辛いチョコレート。口に入れてすぐはダークチョコレートだけど、次第に舌にびりびりと刺激が走ります。好き嫌いが分かれるチョコレートかな。

THEO&PHILOのタブレットチョコレート

DARK CHOCOLATEBLACK SESAME AND NUTS

カラメリゼした黒胡麻、カシューナッツ、ピリナッツを練り込んだ、黒胡麻の香ばしい風味とナッツのザクザク食感が楽しめるダークチョコレート。フィリピンでスナックとして親しまれているピリナッツは、ピリの木から採れるツルッとした柔らかいナッツ。安定した収穫ができるのはフィリピンだけです。乳製品不使用。

ナッツなどがたっぷりゴロゴロ。ミルキーなチョコレート。ナッツの味わいが口に入れた瞬間からあり、香ばしくて美味しい。

 

 

お取り寄せはこちらから

THEO&PHILO

 

サロン・デュ・ショコラ 2022
検索枠で「テオアンドフィロ」で見つかります。


関連記事