toggle
2021-05-28

うおがし銘茶のうぬぼれ


うおがし銘茶のうぬぼれ

女性画が印象的な緑茶

うおがし銘茶のうぬぼれ(緑茶)を取り寄せてみました。素敵な絵柄に惹かれて取り寄せたもの。日本茶(緑茶)のパッケージとは思わないような素敵な日本画。描いておられるのは誰なんだろうと調べてみると、「昭和の鬼才」と称される宇野亜喜良さんの作品だそうです。

創業1931年、築地に本店を構える日本茶専門店「うおがし銘茶」さんでは他にも素敵なパッケージのお茶があります。いろんなイラストレーターやデザイナーさんの作品をパッケージに採用されているんだとか。深蒸し茶を世に広めた元祖として、ふだん使いの煎茶を中心に販売されています。

うおがし銘茶のうぬぼれ

お茶はティーバッグではなくて、茶葉の状態で入ってます。新茶シールが貼ってました。新茶はその年の最初に生育した新芽を摘み採って作ったお茶で、新茶を飲むと一年間、無病息災で過ごせると伝えられています。

価格 1,296円(税込)
袋サイズ 約21cm×12cm
賞味期限 1年ほど先の物が届きました(今回の場合)

うおがし銘茶のうぬぼれ

お茶(ドリンク)の取り寄せ一覧はこちら、東京からの取り寄せ一覧はこちらです。

うおがし銘茶さんでは昔ながらの天然自然の露地栽培にこだわり、何杯飲んでも飲み飽きないお茶づくりを続けておられます。入っている茶葉は深い緑色で香りもよいです。

うおがし銘茶のうぬぼれ

あわい透きとおった緑色。苦みは少なくまろやか。ほんのり甘みもあり上品な味わいのお茶です。パッケージも素敵でちょっとした贈り物にもよさそうです。立春から八十八夜(八十八日目)に採れる新茶ははおおよそ五月上旬に旬を迎えます。今の季節だけ味わえる贅沢な味わい。

 

お取り寄せはこちらから

三越伊勢丹オンラインストア Foods
うぬぼれ」で検索。

 

 

うおがし銘茶

 


関連記事