2018-01-10

ル・ポミエのポムダール

林檎の形をしたかわいいチョコレート

ルポミエのポム・ダムール(バレンタイン)リンゴチョコ

東京都世田谷区北沢に本店を持つパティスリー・ル・ポミエのバレンタインチョコレートを取り寄せました。一度食べてみたかったチョコレートです。りんごそっくりなチョコがめちゃくちゃ可愛いです。木箱に入れられていて高級感があります。木箱サイズは、9.5cm×9.5cm×深さ5cm。林檎の木の絵がかわいいなぁ。シンプルでよいです。

パティスリール・ポミエ

ルポミエのポム・ダムール(バレンタイン)リンゴチョコ

作っているのは、パティシエのフレデリック・マドレーヌさん。1965年フランス・ノルマンディー地方カン生まれのフランスの方です。1997年から「ダロワイヨ・フランス」のシェフ・パティシエを務め、1999年日本に転勤、「ダロワイヨ・ジャポン」のシェフ・パティシエとなり、2005年10月に世田谷区北沢に「le Pommier(ル・ポミエ)」をオープンされています。

価格・内容量・賞味期限

木箱サイズは、9.5cm×9.5cm×深さ5cm。

価格4,320円
内容量4個
賞味期限冷蔵30日
箱サイズ9.5cm×9.5cm×深さ5cm

木箱を開けると、りんごそっくりな光沢感も美しい赤いリンゴとグリーンのリンゴが現れます。ぴかっと光る様子が本当にリンゴそっくりで美味しそう。実にリアルです。

日本のチョコレートの取り寄せ一覧はこちら、東京からの取り寄せ一覧はこちら

食べてみた感想は

木箱サイズは、9.5cm×9.5cm×深さ5cm。

真っ赤なリンゴの方はリンゴのお酒「カルパドス」のガナッシュ入り。青リンゴの方は、タルトタタンをイメージしたキャラメルリンゴ味。チョコは表面はパリッとしてて、中は柔らかいガナッシュ。青りんごは、タルトタタンのイメージと書かれてあった通り、ガナッシュから焼き林檎の風味がします。不思議。

2023年は看板メニューでもあるリンゴの形をしたガナッシュボンボンショコラと柚子とタタンの2種類のショコラです。

木箱サイズは、9.5cm×9.5cm×深さ5cm。

赤りんごは、口に入れた瞬間からお酒の風味がふわっと広がります。見た目にも可愛くて、食べても美味しい。

店舗

  • 北沢本店|東京都世田谷区北沢4-25-11
  • 麻布十番店|東京都港区麻布十番3-9-2

取り寄せ方法

お取り寄せはこちらから
関連記事